ディズニーシーが「混む日・混雑する時間帯」を予測する3つの方法

ディズニーシー 混む日

 

ディズニーシーは大人が楽しむデートの場としても非常に人気で、アトラクションは常に長蛇の列です。

 

事前に何も計画せずに行ってしまい、待ち時間ばかりで終わってしまったという経験がありませんか?

 

混んでいる中で楽しく過ごすためには、ディズニーシーが混む日はいったいいつのなのか?ということを考えてから行くべきです。

 

ここでは、ディズニーシーが「混む日や混雑する時間帯」を予測する3つの方法について紹介していきます。

 

 

1.ディズニーシーが「混む日・混雑する時間帯」を避けて行く3つの方法!

 

 

「ディズニーシーはいつでも大混雑している!」とイメージする人が多いのではないでしょうか?

 

確かにいつ行っても混んでいるのですが、その中でも通常以上に混む日があるのです。

 

スポンサーリンク

 

あらかじめ混む日を知ることが重要なのですが、どのようにリサーチすればいいのでしょうか?

 

早速、ディズニーシーが「混む日や混雑する時間帯」を避けて行く3つの方法を見ていきましょう。

 

 

@ 土・日・祝祭日と「県民の日」を避ける

 

 

混む時期を外すことが出来れば、それほど並ぶことなくアトラクションを楽しめそうですよね?

 

では、ディズニーシーが混む日はいったいいつなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

まず、ディズニーシーが設定しているオープン時間を見てください。

 

ディズニーシーは通常は9時オープンとしていますが、「8時オープン」の日があるのです。

 

それは、土曜日、日曜日、祝祭日と、「県民の日」です。

 

ここで、関東の「県民の日」を記述しておきますので混む日の目安として参考にしてください。

 

  • 千葉県民の日:6月15日
  • 埼玉県民の日:11月14日
  • 東京都民の日:10月1日

 

「県民の日」は学校が休みで日帰りで訪れる関東圏の人が増えるため、オープンを早めに設定しているのです。

 

関東の県民の日に行くのは避けたほうがいいかもしれませんね。

 

 

A 1年で最も混む月や時期を知っておく

 

 

ディズニーシーが混む月というのをご存知ですか?

 

やはり、8月は学生が夏休みなので一番混雑します。

 

続いて、春休みの3月下旬〜4月上旬、冬休みのクリスマスシーズンが混む時期として挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

他にもディズニーシーには年間を通してさまざまなイベントがあり、ハロウィンバレンタインデーなども混雑する時期として把握しておきましょう。

 

逆に少ないのが、1月2月など非常に寒い時期です。

 

こうした情報を事前に把握し、混む時期を避けて行くことでディスニーシーを何倍も楽しむことが可能です。

 

 

B 乗り物が最も混む時間帯を知っておく

 

 

どのアミューズメント施設もオープン直後から1〜2時間経過した頃から混雑し始めますが、ディズニーシーはどうでしょうか?

 

最も乗り物の待ち時間が長いのは14時〜15時という統計が出ています。

 

これは、ちょうどファストパスの発券時間が過ぎた頃で、嫌でも並ばなくては乗れない時間帯だからでしょう。

 

乗り物が最も混む時間帯だけは並ぶのを避けたほうがいいですね。

 

パレード中やイベント中は乗り物の行列が少し和らぐので、ここを狙って並ぶといいかもしれません。

 

 

 

 

2.混んでいるディズニーシーでより多くのアトラクションに乗る方法!

 

 

ディズニーシーで人気のアトラクションはそれだけ並ぶ時間も多いですよね?

 

ディズニーシーで待ち時間の長いアトラクションは以下の通りです。

 

【ディズニーシーで人気の乗り物 待ち時間ランキングベスト5!】

 

  1. トイ・ストーリー・マニア… 平均2時間
  2. センター・オブ・ジ・アース… 平均1時間30分
  3. タワー・オブ・テラー… 平均1時間20分
  4. インディ・ジョーンズ… 平均1時間20分

 

中には、「人気がなくてもいいから待ち時間を少なくして、できるだけ多く体験したい。」という方も多いことでしょう。

 

人気のアトラクションを知って、あえてそれらを避けて乗れば、より多くの乗り物を体験できますよ!

 

混雑しているディズニーシーではそれも楽しみ方のひとつと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

ディズニーシーの混む日や混雑する時間帯を予測する方法を紹介しました。

 

学生さんが休みの日や社会人の連休、イベントがある時期は混雑するので覚えておきましょう。

 

それ以外にも遠足シーズンや修学旅行シーズンなど、年間を通して混む日を挙げたらきりがありません。

 

その中でも厳寒の時期は混雑が緩和されるので、しっかり防寒対策をして行くことをおすすめします。

引き続き、「ディズニーシー裏技」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています


ディズニーランド&シー攻略モデルコース100



「ディズニーシー裏技」人気記事ランキング

ディズニーシー 混む日 ディズニーシーに混雑しない日に行く方法4つ!混まない穴場の日は?
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーの後に「イクスピアリ」を存分に楽しむ3つの裏技
ディズニーシー 混む日 混んでいるディズニーシーで効率良く行動するための裏技5つ
ディズニーシー 混む日 カップルにおすすめ!ディズニーシーの人気の穴場スポット3選
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで「ファストパス」を確実にゲットする裏技と注意点
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで「コインロッカー」を必ず確保するための4つの裏技
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーの「人気のレストラン」で待たずに食事ができる裏技
ディズニーシー 混む日 混んでいるディズニーシーで効率良く「ショッピング」できる裏技
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで「同伴者」と思い切り楽しむ5つのポイント
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーの「人気アトラクション」を最大に楽しめる6つの裏技
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーが「混む日・混雑する時間帯」を予測する3つの方法
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで「絶叫系アトラクション」を思い切り楽しむ方法4つ
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで絶対に行くべきオススメの夜景スポット5選
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで最低限「必要な持ち物」や雨対策の便利グッズ4つ
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで無料で休めるオススメの「休憩場所」4つ!
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで「混まないトイレ」はどこ?待たずに利用できる方法
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで楽しむために必要な事前準備と役立つグッズ4選
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーの「臨時駐車場」を使うメリット!場所や利用時間は?
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで「カップル」におすすめの人気スポット5選
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーの「チケット」がお得になるオススメの購入方法5つ!
ディズニーシー 混む日 ディズニーシーで「年配者」も楽しめる方法3つやオススメの乗り物
ディズニーシー 混む日 ディズニーシー「入場制限」の予想方法3つ!制限時間は何時まで?